TOP > よくあるご質問 > 矯正歯科と治療期間

矯正歯科と治療期間

2013/10/21

矯正歯科 治療期間

 

治療期間は、開始する時期によって異なりますので、各時期に分けて説明をしていきます。

通院間隔は、4週に一度程度です。今回は、手術などの特殊な方法を除いた一般的な矯正

治療の期間を説明します。

 

子供・小児の第一段階治療

(目安の年齢6歳~9歳頃)混合歯列期:子供の歯と大人の歯が混ざっている時期

治療期間 約1.5~2.0年

 

子供・小児の第二段階治療

(目安の年齢12歳~) 永久歯列期:すべて大人の歯の時期

治療期間 約2~2.5年

 

中学生以上の高校生や大学生は、大人の矯正と同じ永久歯列期の期間となります。

成人・大人の治療 永久歯列期:すべて大人の歯

治療期間 約2~2.5年

 

治療の経過

第二段階治療及び成人の矯正治療は、約1年ちょっとである程度きれいに並びます。

その後の治療期間は、微調整や歯を抜いた場合は、隙間を閉じて行き、しっかりかみ

合わせを治していきます。

 

保定装置(歯をおさえる装置)の期間

第二段階及び成人矯正後、通常約2年間保定装置を使用して、きれいになった歯並びを維持

していきます。保定装置の期間は、3~6ヶ月に一度来院して、保定装置の調整、歯並びの

経過観察及び歯のクリーニング等のメンテナンスを行っていきます。その後も希望に応じて、

1年に1~2度程度メンテナンスを行っていきます。終了後も希望で、通院されている方もい

らっしゃいます。

矯正歯科

お問い合わせ
  • 矯正メール相談
  • 無料カウンセリング診療予約
  • お問い合わせ
地図
日本橋人形町gem矯正歯科 東京都中央区日本橋堀留町2-1-15 2F 03-6661-9870

診療時間11:00~14:00 16:00~21:00 (土日祝は休診日)