TOP > 衛生士うたの矯正日記 > 矯正装置 > ホワイトワイヤーの種類 ~見えない裏側矯正専門 中央区日本橋人形町 夜21時まで診療のジェム矯正歯科~

ホワイトワイヤーの種類 ~見えない裏側矯正専門 中央区日本橋人形町 夜21時まで診療のジェム矯正歯科~

2018/07/20

こんにちは☀ジェム矯正歯科の菊地です!

 

 

 

当院で取り扱っているホワイトワイヤーのご紹介です。

 

 

 

まず1つ目はTP Orthodonticsのエステティックワイヤーです。

エステティックワイヤーは前回お話ししたコーティングタイプのホワイトワイヤーです。

 

唇側の見える部分のみコーティングされており、ブラケットと接する面はコーティングされていません。そのためコーティングワイヤーで気になるブラケット面との摩擦も少なく、通常ワイヤーと同じ感覚で使用できます。

摩擦が少ないことの利点は、歯が動く際ワイヤーとブラケットの間に摩擦力がかかります。

そのためワイヤーにかかる摩擦力が小さいほど少ない力で歯を動かすことができるためです。

 

上からコーティングされているため、どうしても口腔内の環境や外的な力に弱くなり、

ブラケットとの摩擦やブラッシング圧などの生活習慣的なことでコーティングがはがれてしまうことがあります。

このコーティング剤はキシリトール系の材料からできているため、万が一飲んでしまっても害はありません。

 

 

 

次にTOMY Internationalのホワイトワイヤーです。

ロジウムという白色系の貴金属でコーティングされたワイヤーです。

白いコーティング剤でコーティングされたワイヤーと比べると金属光沢感はありますが、高い金属反射率を利用して白く見えます。

このホワイトワイヤーは白いコーティングがされているワイヤーではないためブラッシングで剥がれたり、着色することなく耐久性に優れています。

 

 

 

次にデンツプライ三金のタイニロイワイヤーです。

ナノレベルの微粒子構造をもつコーティングがされています。

金属の凸凹に隙間なく密着することでコーティング剤がはがれにくくなっています。

またブラケットとの摩擦やブラッシング圧等の日常的に摩擦が発生し、コーティング剤がはがれやすい唇側面にはコーティングが厚くされています。

コーティング剤はどうしても外的な要因(ブラッシング圧やブラケットとの摩擦)で剝がれてしまうことがあります。

 

 

 

 

次にフォレスタデントのダニーコーデットワイヤーです。

このワイヤーは2つの層からなり、内側の1層目はシルバーが使用されています、シルバーは安全性が高いことが証明されており、様々な医療機器に使用されています。また抗バクテリアという特徴もあります。

2層目はバイオポリマーが使用されていて、これは人体の人工心臓の外側を覆う目的にも使用されるとても安全な材料です。

また、日本人の歯の色に合わせたコーティングカラーになっており、目立ちにくく、特殊コーティングにより耐剥離性が強化されました。

 

 

白いワイヤーにも様々な種類があり、それぞれ利点欠点があります。

 

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

日本橋人形町ジェム矯正歯科

〒103-0012

東京都中央区日本橋堀留町2-1-15 2F

電話 03-6661-9870

http://gem70.jp/

平日11時~14時 16時~21時

 

※日曜 9時30分~13時(月1回)

土曜・日曜・祝日休診

無料矯正相談・無料カウンセリング受付中!

歯並び、矯正装置のこと、お気軽にご相談ください。

無料相談ご予約:03-6661-9870

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

矯正日記 最近の記事

矯正日記 カテゴリー

矯正日記 アーカイブ

お問い合わせ
  • 矯正メール相談
  • 無料カウンセリング診療予約
  • お問い合わせ
地図
日本橋人形町gem矯正歯科 東京都中央区日本橋堀留町2-1-15 2F 03-6661-9870

診療時間11:00~14:00 16:00~21:00 (土日祝は休診日)