舌を見れば健康状態が分かる⁉~日本橋、人形町、清澄白河近く。夜9時までのジェム矯正歯科~

 

こんにちは!ジェム矯正歯科 歯科衛生士の菊地です(*^_^*)♥

昨年は6月中に関東も梅雨が明けていましたが、今年はもうしばらくかかるようですね😭

楽しいイベントが盛り沢山な夏、、🍉🎆🌴待ち遠しいですね!!!

 

 

舌は健康のバロメーターと言われているのはご存知ですか?

舌にはたくさんの毛細血管が通っており、血流や体液の変化が真っ先に現れる場所です。

そのため舌の状態を見るだけで、血流・体液・自律神経の働き具合が1度に把握できます!

 

≪舌の色≫

▶薄ピンク色:健康的で理想的な状態。

▶全体的に白っぽい:胃腸が弱っている状態やカンジダに感染している可能性がある。

▶鮮やかなピンク色:発熱やストレス、ビタミン不足の可能性がある。

▶全体的に黄色っぽい:アレルギーのサインで花粉症や慢性鼻炎の前兆の可能性がある。

▶紫色:高血圧症、動脈硬化、冷え性、貧血の可能性がある。

 

 

≪舌の大きさ・形≫

▶表面が割れている:水分不足で身体が乾燥状態であるため不眠や便秘に注意。

▶ふちがギザギザしている:水分の代謝がうまくされず舌がむくみ肥大化している状態。

▶舌苔がまだら:免疫力が低下している状態。

▶舌苔が黒い(こげ茶):消化器官である胃や腸に何らかの病気が隠れている可能性がある。

▶舌の裏の血管がボコボコしている:血管が詰まりやすい状態で脳卒中の危険がある。

紫や青黒く見える場合も要注意。

 

※舌苔とは舌に付着する白い苔状のもので、細菌や食べカス、粘膜のカスが付着したもののこと。

 

熱が出ているときには赤くなったり、疲れてむくんだときはぽってりと腫れぼったくなったりと、その時の健康状態に合わせて変化します。

 

簡単にできるセルフ健康チェックですので、ぜひご自身の舌を観察してみましょう😊!

 

 

 

カテゴリー: スタッフ日記 パーマリンク