TOP > 裏側矯正(舌側矯正、ハーフリンガル)

裏側矯正(舌側矯正、ハーフリンガル)

裏側矯正(舌側矯正)

裏側矯正とは、通常は、舌側矯正とも見えない矯正とも呼ばれており、装置を歯の裏側につける治療方法のことです。 前から見ると装置が見えないため他人に気づかれることなく治療を行うことができます。つまり「ギラギラした装置が気になる」、「職業柄、銀色の歯科矯正ができない」方などにお勧めな方法です。

装置と前歯のぶつかりを避けるために、歯の裏側で出来るだけ歯肉に近い位置に装置を付けるため、日々のブラッシングや自然の自浄作用を妨げることになります、歯の長さが短い人や前歯の重なりが大きい人は、裏側矯正には不利なのかもしれません。装置は、改善されとても小さくなってきました。

矯正装置の種類

incognito インコグニート 裏側矯正

ura03

裏側矯正 治療例

治療前

ura04

治療後

ura05

裏側矯正について

裏側矯正は、矯正歯科専門であれば、どこでも行っている治療ではありません。裏側矯正を積極的に行っていない矯正医院も多く見受けられます。裏側を希望して相談に行ったのに、表側ばかり勧められたケースも多くあります。裏からの矯正治療は、装置の違和感や発音等が大きな問題の一つでした。しかしながら、近年、STbという装置ができ、違和感と発音等の障害が著しく軽減されました.。さらにインコグニートの出現により、装置を患者さんの歯の形態に合わせ金属の装置自体を一つ一つ作ることができ、厚さが解消され、さらに違和感や発音の問題が軽減されました。さらに、クリッピーLや改良されたSTbは、装置が小さい為、顎の大きさが小さい女性には、向いている装置といます。最近では、ミニスクリューと併用して治療が行われことが多くなってきました。ミニスクリューは、少しだけ麻酔を打ちますが、治療後はずします。スクリューを外した後の傷口も数日でよくなります。

 

さらに詳しく裏側矯正について⇒ http://uragawakyousei.info/

矯正歯科

お問い合わせ
  • 矯正メール相談
  • 無料カウンセリング診療予約
  • お問い合わせ
地図
日本橋人形町gem矯正歯科 東京都中央区日本橋堀留町2-1-15 2F 03-6661-9870

診療時間11:00~14:00 16:00~21:00 (土日祝は休診日)