矯正治療

Medicalなるべく歯を抜かない治療

なるべく抜かない矯正

カウンセリング時に「矯正治療は歯を抜かずにできますか?」――患者さんからのご質問が多いのが、抜歯についてです。矯正治療は歯を顎の骨の上に正しく並べる治療です。顎に十分なスペースがなければ、抜歯が必要となることもあります。できれば歯を抜かずに矯正治療をしたいと思うのは、矯正歯科医も同じです。

当院はできるだけ歯を抜かない矯正治療を目指しています。まずは、様々な角度から治療方法を検討し、非抜歯矯正の可能性を探っていきます。

歯を並べる場所が足りなければ、歯列弓の拡大、歯を後方へ移動することにより、スペースを獲得することを検討します。しかしながら、顎の大きさは変化させることができないため、非抜歯矯正には限界があるのも確かです。無謀な非抜歯矯正を行うと、歯根吸収が起こったり歯肉が痩せてしまったりします。また一番多く起こるのは、口元が突出して、顔の審美性を損ねてしまうことです。結果として無理な非抜歯矯正はお勧めしません。

非抜歯か抜歯かの診断には精密な検査と分析が不可欠です。理想的な歯並びを得るためとはいえ、抜歯を選択するとすれば、患者さんの健康な歯を抜くのですから大変なことです。抜歯する根拠は、充分か検討し、その結果、自分でも抜歯をすることが最善であると思えた時に、抜歯をご提案いたします。

口元の突出を改善したい方、口ゴボの方は、抜歯を選択する可能が高い。

矯正しても口元が不自然に見えては、意味をなしません。矯正治療における抜歯は、口元の自然な美しさと機能する噛み合わせを作る上で、考慮すべきことといえるでしょう。芸能関係の患者さんの多くが抜歯をする矯正治療を選択するのは口元の審美性を尊重するからです。

なお、抜歯をしてできた隙間は、歯並びの凹凸をほどくためや、出っ歯や受け口を引っ込めるために利用しますので、治療終了時には綺麗に隙間がなくなります。

ミニスクリューの活用
日本橋人形町ジェム矯正歯科は、クリニックを開院した当時から「ミニスクリューを用いた治療」の将来性に着目し、その治療に取り組んでいます。 開咬や過蓋咬合を伴う難しい症状や重度の上顎前突(出っ歯)などについて、裏側装置とミニスクリューを組み合わせることによって治療を行ってきました。「ミニスクリューを用いた治療」は需要が増えてきたものの、積極的に取り組むドクターやクリニックは限られています。

日本橋人形町ジェム矯正歯科は、より効果的なミニスクリューを用いた治療を目指すと共に、ミニスクリューを用いた矯正技術の向上にも貢献していきたいと考えています。

ミニスクリューについて詳しくはこちら

早期治療(第一期治療)が抜歯の可能性を低くする

早期治療が抜歯の可能性を低くする永久歯が生え揃っていない7~9歳前後から矯正を始めれば、奥歯を後ろに移動させたり、顎の横や前への成長を促したりすることで、抜歯をせずに治療ができる可能性が高まります。そうした意味でも、当院では早期治療をお勧めしております。

子供の矯正の入口 へ

抜歯について判断がつきかねる場合も含めて、疑問や不安などがございましたら、いつでもご相談ください。

矯正治療
子供の矯正
中学生以上の矯正
クリニックについて
その他お知らせなど
TOPへTOPへ