WEB予約

矯正治療

Medicalマウスピース型装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)とは?

インビザラインとは透明で目立たないマウスピース型矯正装置です。数あるマウスピース矯正の中でも世界的な実績は群を抜いています。2週間おきにマウスピースを交換し、歯並びを整えていきます。マウスピース矯正が適用可能な方に関してはかなりメリットが多い矯正装置です。

インビザライン(マウスピース型矯正装置)のメリット

透明で目立たない
このようにマウスピースをつけていることはほとんど分かりません。インビザラインによる矯正治療をうけている方は、人に気づかれることはほとんど無いとの意見が大半です。裏側矯正と比較すると滑舌への影響も少ないため、接客業や芸能活動をされている方がインビザラインの治療を希望して多く来院されています。

食事の時に取り外しが可能
マウスピース型矯正装置は食事の時に取り外しができるという大きなメリットがあります。矯正装置に食べ物がはさまっているのではないか?という不安はマウスピース型矯正装置では無用です。

痛みが少ない
ワイヤー矯正(マルチブラケット装置)と比較すると、インビザラインは痛みが少ないのも特徴です。

裏側から見えない装置より安い
マウスピース矯正は裏側から見えない装置より安いことから、表側のワイヤーに対して抵抗が強い方に人気があります。一方でマウスピース型矯正装置は裏側から見えない装置より治療可能な範囲が小さいため、適応症があります。
通院の頻度が少なくて済む
ワイヤー矯正と比較すると通院の回数が少なくても済みますので、遠方の方やお仕事が忙しく月1回の来院が難しい方でも、矯正治療を遅滞させることなく続けられるという特徴があります。

金属アレルギーの心配が無い
アクセサリーでかぶれやすいためワイヤー矯正の金属アレルギーが心配、というのはよくある質問です。マウスピース矯正では金属を使用していないため、金属アレルギーの心配はありません。

*ワイヤー矯正の場合でも、表側矯正では金属アレルギーの方のためにアレルギー反応が比較的出にくい金属を用いた矯正装置もございますので、多くの場合は対応可能です。裏側装置では金属の量が多くなるため、アレルギーの不安は比較的大きいと言えます。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)のデメリット

適用症例が限られている
マウスピース型矯正装置の適用範囲は広がってきてはいますが、まだワイヤー矯正のようにどんな症例でも対応できるものではありません。上記にあげたようにマウスピース型矯正装置には一般受けしやすいメリットがたくさん有ります。そんなに良いことばかりなら、矯正装置はマウスピース型矯正装置だけで良いと思いませんか?でもそうはなっていません。

安易に選択して失敗している例が増えていますので注意が必要です。また、マウスピース矯正専門医院、マウスピース矯正センターというあいまいな言葉がインターネット上では乱立しています。マウスピース矯正専門医院であれば難しい治療も可能などという話に医学的な根拠はありません。少しでも不安を感じた場合は一度ご相談下さい。

使用時間を守る必要がある
当たり前なのですが、インビザラインをはじめとするマウスピース型矯正装置は取り外せるというメリットが有る反面、外してばかりでは治らないというデメリットがあります。インビ
ザラインを製造しているアラインテクノロジー社は1日20時間以上を推奨していますが、私の感覚としては現実的ではなく、1日20時間使用できれば問題ないと考えています。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の確認事項

1.未承認医療機器等に該当

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、医薬品医療機器等法(薬機法)の承認を受けていない未承認医療機器です。

2.入手経路等

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、アメリカのアライン・テクノロジー社の製品であり、インビザライン・ジャパン株式会社を通じて入手しています。

3.国内の承認医薬品医療機器等の有無

国内にもマウスピース型矯正装置として医薬品医療機器等法(薬機法)の承認を受けているものは複数存在します。

4.諸外国における安全性等にかかわる情報

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、 1998年FDA(米国食品医薬品局)で医療機器として認証を受けています。

5.マウスピース型矯正装置(インビザライン)は完成物薬機法対象外の矯正装置であり、承認薬品を対象とする医薬品副作用被害救済制度の対象外となります。

 

マウスピース型矯正装置(インビザライン)治療の流れ

まずはカウンセリング無料(予約制)をご利用ください
ドクターが直接行うカウンセリング。歯並びのチェックや治療期間・費用の目安などについてのご説明をいたします。お時間はおよそ30分~くらいになりますので、ご不明な点などがございましたら、お気軽にご相談ください。

矯正精密検査の実施
レントゲン撮影や写真撮影などを行います。検査の結果を基に、それぞれの患者さんに合わせた治療計画、及び治療方針を決定いたします。

矯正治療スタート
マウスピースを装着し治療を開始します。はじめは約1ヶ月の間隔で通院していただき、調整などの処置を行います。その後は各治療段階に合わせて概ね2週間に1度のペースで付け替えを行っていきます。通常は約2~3年で治療を終えます。

※マウスピースは1日20時間以上の装着が必要です。 ※食事・歯磨きの際にはマウスピースを外していただきます。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)で全ての矯正治療が可能か?

マウスピース型矯正装置(インビザライン)これは明らかに不可能です。 マウスピース型矯正装置(インビザライン)は透明で目立たず、しかも取り外しができて痛みも少ない矯正装置です。それは事実ですが、そうであれば矯正治療は全てマウスピース型矯正装置(インビザライン)で行えれば良いのではないでしょうか?でも実際はそうなっていません。理由は単純で、マウスピース型矯正装置(インビザライン)では成功しない症例が多いからです。マウスピース矯正専門医院であれば他院でできない治療ができるなどというのは医学的な根拠が全く有りません。

参考:マウスピース型矯正装置サイト

マウスピース型矯正を受ける歯科医院

近年はインビザラインをはじめとするマウスピース矯正型矯正装置の普及が急速に進んでおり、患者さんはどの歯科医院を選んで良いのか迷われることと思います。

その背景として、技術的に習得が困難なワイヤー矯正(マルチブラケット装置)と比較してマウスピース型矯正装置は一般歯科医院でも導入がしやすいという面があります。マウスピース型矯正装置を導入するのには特別な免許は必要なく、メーカーの講習を1日受ければ良いだけです。大学病院で何年もかけて、矯正歯科医はトレーニングを行っております。歯の動かし方がイメージ力に大きく差が出ると思われます。この経験値の差が結果に多きく関与すると思われますので、矯正歯科医院がおすすめです。

 

 

東京都中央区日本橋堀留町2-1-15 2階 日本橋人形町ジェム矯正歯科

日本橋で歯列矯正のことなら日本橋人形町ジェム矯正歯科

矯正治療
子供の矯正
中学生以上の矯正
クリニックについて
その他お知らせなど
TOPへTOPへ