TOP > 2019年 > 3月

院長ブログ

矯正歯科なら日本橋人形町ジェム矯正歯科へ

矯正前に治療が必要なケースとは?虫歯や歯周病でも大丈夫?

2019/03/28
カテゴリー:コラム | 院長ブログ

矯正前には歯の治療が必要なケースがあることをご存知でしょうか?きれいな歯並びや正しい咬み合わせを実現する矯正治療ですが、虫歯や歯周病を抱えていると治療の妨げになるだけでなく、症状の悪化につながることもあります。口腔トラブルが解決しないと矯正治療が受けられないこともあるのです。矯正前の治療についてご説明します。

矯正前にしっかりと検査をしてもらおう
通常、歯科医は矯正治療を行なう前に、患者の口腔状態を見て、虫歯や歯周病などの口腔トラブルがないかを確認します。口腔トラブルをそのままにしておくと、矯正治療の妨げになる恐れがあるからです。

歯科医によっては初期治療を省いていきなり矯正治療を始めてしまうケースもあり、矯正治療が失敗に終わってしまうという事案も発生しています。万が一、口腔トラブルがあるにも関わらず、十分な説明もないまま矯正治療を進めようとする歯科医院は要注意です。公式サイトやインターネットで検索した口コミなどを見て、信頼できる歯科医院を選ぶようにしてください。

矯正前に治療が必要なケース
虫歯や歯周病などの口腔トラブルが発生している場合や、歯に詰め物がある場合は、矯正前に治療を要することがあります。

虫歯がある場合
虫歯は矯正前に治療することが基本です。虫歯があると矯正するための装具がつけられないからです。しかし虫歯によっては、矯正中や矯正後に治しやすいものもあるため、すべての虫歯が矯正前の治療であるとは限りません。程度によっては抜歯をすることもあります。

歯周病になっている場合
歯周病を放置したままで、矯正治療を行なうことは危険です。歯周病がある状態で矯正装置をつけると、歯肉の炎症が発生し、ひどい場合は症状が悪化してしまいます。最悪の場合は骨の部分まで破壊されてしまい、歯を抜かなければならない状況になってしまいます。

埋伏歯がある場合
埋伏歯とは、歯が歯茎や骨に埋もれている状態のことです。これは矯正で治療することはできないので、矯正前に外へ引っ張り出す必要があります。

とくに犬歯(糸切り歯)は埋伏歯になりやすく、噛み合わせやフェイスラインを整えるためには重要なため、なるべく牽引します。

詰め物がある場合
詰め物は矯正前の歯の形に合わせているため、歯並びが変わった後では役割を果たしません。矯正治療前に取り除き、治療中や治療後に新しくつくり直すことが多いようです。

神経を抜いた歯がある場合
外傷などで歯の神経を抜いた場合は、歯根膜が傷ついていることがあるため、矯正治療前に精密検査を受ける必要があります。

虫歯治療で神経を抜く場合は、歯の内部の神経を抜いているので、矯正治療には問題はありません。

矯正の前にきちんと伝えよう
初めから虫歯や歯周病があることがわかっている場合は、矯正前に歯科医に必ず伝えましょう。「もしかしたら虫歯かも」「歯に詰め物があります」などと伝えておけば、歯科医も矯正治療前の検査をしっかりと行なってくれることでしょう。

本来、矯正治療を行なうにあたって、精密な検査やシミュレーションは歯科医が欠かさずに行なわれなければならないものです。それと同時に、スムーズで失敗のない矯正治療のためには患者側からしっかりと「伝える」ということも非常に重要なのです。

まとめ
矯正前に治療が必要なケースは、虫歯や歯周病が発生している場合や、歯の詰め物がある場合など意外と多いものです。

常に自分の口の中をチェックしておき、口腔状態を歯科医に説明ができるようになれば、スムーズな治療の助けにもなります。

唯一無二の自分の大切な歯だからこそ、矯正治療に失敗は許されないもの。きれいで健康な歯を実現するために、信頼できる歯科医院を選んで、事前の検査や治療を受けるようにしましょう。

大人も矯正治療が当たり前?その理由とメリット・デメリットとは

2019/03/22
カテゴリー:コラム | 院長ブログ

近年、大人になってから歯の矯正治療を受けている人が増加しています。歯の矯正治療は子どもの時に行なうといったイメージや、矯正器具が目立てしまうイメージがあります。

大人が矯正治療を行なうには、どのような理由があるのでしょうか。また、そのメリットとデメリットとは?おすすめの矯正治療についてもご紹介します。

大人でも矯正治療を受けられるの?
大人でも、歯の矯正治療を受けている人は多くいます。歯の矯正治療と聞くと、子どもが行うものだと考える人が多いかもしれませんが、歯並びを直すのは、大人になってからでも遅くありません。子どものころに矯正できなかった人でも、きれいな歯並びを目指すことは可能です。

大人が矯正治療を受けるようになった理由として、治療に対する抵抗感が少なくなった点もあげられます。従来の歯の矯正治療はワイヤー治療など、治療器具が目立つ方法のために抵抗感を抱く人が多かったのですが、現代では目立ちにくく痛みの少ない治療が普及し、歯の矯正に対するイメージが変わりつつあるのです。

大人の矯正治療について
大人が矯正治療を受ける理由とメリットやデメリットについてまとめました。矯正治療を受けようと考えている人は、参考にしてみてください。

大人が矯正治療をする理由
大人が矯正治療を行なう理由としては、大きく分けて下記の3つが考えられます。

・第一印象を良くしたいから
・自信を持ちたいから
・矯正治療に対する抵抗が少なくなったから

日本臨床矯正歯科医会が、10代から50代の男女1,000名を対象に行った調査『歯並びと矯正歯科治療』によると「歯並びが美しいとよい結果が得られそうな人生における場面」では「お見合い」が62%と1番多く、次に「入社試験の面接」が53.7%、「デートの時」が50%、「ビジネスの商談」が47.3%という結果になりました。歯並びの美しさは第一印象を良くするという点で、多くの人が重要視していることが理解できます。

参考:日本臨床矯正歯科医会調べ 男女1000人意識調査発表 8月8日「歯並びの日」
http://www.jpao.jp/15news/1535awareness-survey/

また、美しい歯並びは自分の笑顔に対する自信にもつながります。笑顔で自信に満ちあふれた人は魅力的で、ビジネスや結婚活動でも非常に有利です。大人の矯正治療は肝心な場面のために行なう人が多いのです。

大人の矯正治療のメリット
大人の矯正治療を行なうメリットは、大きく分けて以下の4つです。

・姿勢が良くなる
・自律神経が整う
・口内トラブルの予防につながる
・自分で治療が選択できる

歯の矯正治療が与える影響は、口内環境のみにとどまりません。正しい歯列は正しい咬み合わせを実現します。咬み合わせは筋肉や骨、自律神経にも大きな影響を与えており、咬み合わせを改善すると、姿勢が良くなったり精神的に安定したりとさまざまな効果を得られます。

また、歯並びが良くなることで歯が磨きやすくなり、虫歯や歯周病といった口内トラブル対策につながります。さらに、治療を自分で選択できるのも大きなメリットです。目指したい歯並びやフェイスライン、予算によって治療の方法はさまざまです。医師とじっくり相談した上で、自分に最適な方法を選択することができます。

大人の矯正治療のデメリット
大人の矯正治療のデメリットは以下の2つです。

・治療に時間がかかる
・保険適用外なので費用がかかる

大人の矯正治療の場合、子どもと異なり、歯が移動するまでに約3週間もの時間がかかるといわれています。また、例外をのぞいて大人の歯科矯正治療は保険の適用外であるため、費用が高額になる場合があります。

大人におすすめの矯正治療について
大人の矯正治療には、「インビザライン矯正」がおすすめです。インビザライン矯正は、マウスピースを装着して歯並びを矯正する治療です。マウスピースは透明で取り外しが可能なため、誰にも知られずに歯の矯正が行なえます。

食事の際はマウスピースを外すので、普段と変わらない食事ができます。第一印象が大切な社会人。目立たない器具で矯正治療が行なえるのは嬉しいですよね。

まとめ
ビジネスの商談や結婚活動など、第一印象が重要視される場面が多くなる社会人。保険が適用されないので費用がかかってしまうことで躊躇する人もいます。

しかし、美しい歯並びは周りからの印象アップだけでなく、自分の表情への自信アップにもつながります。笑顔で自信あふれる人を目指すのであれば、歯の矯正治療は選択肢の1つとして考えてみてください。

歯を抜かない矯正治療が良いって本当?メリットとデメリットとは

2019/03/10
カテゴリー:コラム | コラム | 院長ブログ

歯を抜かない矯正治療、いわゆる「非抜歯矯正」という治療があります。「矯正治療をしたいけど、できるだけ歯を抜きたくない」という人もいることでしょう。痛みや負担が少ない非抜歯矯正ですが、歯を抜かないことが必ずしも患者のためになるとは限りません。非抜歯矯正の方法やメリット・デメリットについて説明します。

歯を抜かない矯正治療とは
歯を抜かない矯正治療は、歯列を広げてスペースを確保することで、正しい歯並びをかなえる矯正治療です。歯科医の多くは「できるだけ健康な歯を残す」という考えを基本としています。歯を抜かないということは、治療に対する不安感も薄れ、患者にとっても喜ばしいことです。

ただし、非抜歯矯正にはデメリットもあり、最善の方法とは言い切れません。歯並びによっては歯を抜く矯正を勧められることも大いにあり得ます。
歯科医のアドバイスをよく聞き、自分にとって最善な矯正治療を選ぶようにしましょう。

非抜歯矯正の方法
非抜歯矯正の治療方法は、歯列のスペースを作り、でこぼこした歯を正しい歯列に整えるというものです。歯の大きさに対して顎の幅が足りていないと、歯は正しい位置に生えることはできません。

歯が綺麗に並ぶためのスペースを確保する方法は大きく3つあります。

1.歯列を後方へ広げる
奥歯をさらに奥へ移動させ、歯を並べるためのスペースを確保し、残った歯を順番に並べていく方法です。もし親知らずが生えていた場合は、やむなく抜くことになります。非抜歯矯正は「親知らず以外の歯を残すこと」と覚えておきましょう。

2.歯列を側方・前方へ広げる
歯列の幅を側方に広げて、スペースを作る方法で、でこぼこの歯や反対咬合などに効果的です。歯を動かすために確保するスペースはミリ単位なので、顔の輪郭が大きく変わってしまうことはありません。

3.歯の表面を削る
歯の表面を削ってスペースを作る方法です。削るのはエナメル質の部分だけで、削ったあとは虫歯予防のため、フッ素でコーティングを施します。

歯を抜かない矯正治療のメリットとデメリット
非抜歯矯正は「歯を抜かない」ということが最大のメリットです。一方で、十分な検査やシミュレーションを行なわないと、矯正後に問題を抱えるパターンも少なくありません。

メリット
・健康な歯を残すことができる
・口腔内を広く保つことができる

一生自分の歯でいるために、健康的な歯を残すことは非常に重要なこと。非抜歯矯正は、親知らず以外の歯は抜かないので、結果的に健康な歯を残すことができます。「歯を抜かない」というだけでも、精神的な負担がぐんと減りますよね。

また、抜歯矯正は口腔内が狭まってしまい、滑舌が悪くなる、舌の収まりが悪くなる、違和感を覚えるなどというデメリットがありますが、非抜歯矯正であれば、口腔内を広く保つことができるので、このような心配がありません。

デメリット
・矯正終了後に歯列が後戻りすることがある
・歯茎に負担がかかる
・歯並びが前後に広がる

歯列を拡張するといっても、無限にできるわけではありません。矯正治療が終わってから、歯列が元の位置に戻ってしまい、残念ながら再び矯正が必要となってしまったという事例もあります。

また、歯列を拡張することは歯茎への負担が大きいため、歯茎の位置が下がり、歯の根が見えてしまうということもあります。特に日本人はもともと顎の幅が狭いので、必ずしも非抜歯矯正が最善とはいえないようです。

<まとめ>
誰もが自分の歯で一生を過ごしたいと思うものです。その点で、歯を抜かない矯正治療は非常に魅力的でしょう。一方で、矯正が終わってから歯列が後戻りしてしまったり、歯茎への負担が大きかったりとデメリットがあることも事実です。

歯の矯正治療には精密な検査とシミュレーション、そして何より信頼できる歯科医師からの適切なアドバイスが必要です。歯科医師とよく相談した上で、自分にとって最善の矯正治療を選択するようにしましょう。

院長ブログ 最近の記事

院長ブログ カテゴリー

院長ブログ アーカイブ

お問い合わせ
  • 矯正メール相談
  • 無料カウンセリング診療予約
  • お問い合わせ
地図
日本橋人形町ジェム矯正歯科 東京都中央区日本橋堀留町2-1-15 2F 03-6661-9870

診療時間11:00~14:00 16:00~21:00 (土日祝は休診日)