TOP > 2019年 > 8月

院長ブログ

矯正歯科なら日本橋人形町ジェム矯正歯科へ

矯正歯科のプロフェッショナル!認定医はどんな人?

2019/08/28

矯正歯科について調べている人は、一度は見たことがあるであろう「認定医」という言葉。「認定医ってどこから認定された人なの?」「技術力はどうなの?」と疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。認定医というのは、簡単に言うと様々な条件をクリアした、矯正歯科に対する専門知識が高い医師のこと。ここでは認定について詳しく解説しています。

矯正歯科の認定医とはどんな人?

矯正歯科の認定医は「日本矯正歯科学会認定医」のことで、学会が認めた大学病院や矯正医療機関で5年以上の臨床経験を持っている人の事です。
それ以外にも、大学の矯正歯科で2年以上研修医をした後、学会指導医の下でさらに3年以上矯正歯科に専門的に従事する、学会誌にオリジナルの論文を発表する、学会の定める試験に合格するというのが最低条件となります。
これらの条件をすべて満たすと「日本矯正歯科学会認定医」として認定医証が交付され、公式に矯正認定医として働くことができます。

認定医なら安心して治療が受けられる

先で解説したように、認定医になるためには高い技術や経験が必要になります。
矯正治療を考えたときに、「近くの歯医者で良いか…」と思う人もいると思われますが、矯正に対する高い技術や経験を持っている認定医に診てもらえれば、安心して治療を行う事ができます。
ではどのように認定医を見つけたら良いのでしょうか?

認定医を見つける方法

認定医を見つける簡単な方法があります。それは、日本矯正歯科学会のサイト(http://www.jos.gr.jp/roster/)を確認することです。
日本矯正歯科学会のサイトは、都道府県別に認定医を検索できるシステムになっています。
「自分が住んでいる地域に、認定医はいるかな?」と気になったときは、一度調べてみましょう。高い技術や経験を持っている医師の元で、矯正治療を受けることができます。

歯科矯正は信用できる歯科医に任せよう

歯科矯正を受ける際は、信用できる認定医や専門医などに任せることが大切です。
口や歯のトラブル=普通の歯医者というイメージがありますが、口や歯のトラブルの全てが普通の歯医者で解決できるわけではありません。
虫歯になったときは普通の歯医者で良いですが、歯並びなどの問題は、専門医である矯正歯科に任せるべきです。

また「認定医」ではなく「専門医」というワードが出ましたが、専門医とは認定医の中でも特に難易度の高い資格を持っている医師を指します。
日本矯正歯科学会に12年以上所属しており、認定医資格を取得後10年以上経過している。かつ2回以上更新試験に合格した後、口答試問に合格し、最近10年以内に矯正臨床に関する論文、著書または学会発表があることなどが条件になっています。
日本歯科矯正専門医認定機構(JBO)・日本矯正歯科学会(JOS)・日本成人矯正歯科学会(JAAO)の各団体が、厳しい基準を設けている非常に難易度の高い試験で、合格するためには高い技術と豊富な治療経験、高度な知識が必要になります。
専門医についても、日本矯正歯科学会のサイトで検索することができます。

通える場所の認定医を探してみよう!

矯正治療を受けるなら、認定医がいる矯正歯科で受けることが大切です。
認定医は、高い技術や、豊富な知識を持っているプロフェッショナルです。気になる症状がある場合は、普通の歯科ではなく、矯正歯科に相談してみましょう。
特に、子どもの場合、普通の歯科で「様子を見てみましょう」と言われて本当に様子を見ていたら、どんどん症状がひどくなった…というケースもあります。
そうならないためにも、身近にある矯正歯科の認定医に今の自分の状態を診てもらうことが大切です。

矯正歯科の通院にかかる費用をご紹介

2019/08/26
カテゴリー:コラム | 院長ブログ

歯の矯正は高いというイメージがある人も多いと思いますが、無料で受けられるものもいくつかあることを知っていますか?
ここでは、矯正歯科でかかる初診料や精密検査、表側矯正、裏側矯正、調整費用、保定監査料などの費用についてまとめているので、矯正を考えている人は、参考にしていただければ幸いです。

矯正歯科の通院にかかる費用

矯正歯科の通院にかかる費用についてまとめました。

治療開始前の費用

●初診相談
初診相談では、現在の歯の状態を確認します。
時間は約30分~60分程度で、料金は無料のところが多いですが、2,000〜5,000円程度の料金が発生する場合もあるので、無料相談を希望される人は一度問い合わせてみるとよいでしょう。

●2回目以降のご相談
初診後再度カウンセリングを希望する場合は、料金は無料のところがほとんどです。

●精密検査
口腔模型、顔貌写真、口腔内写真、レントゲンオルソパントモグラム、レントゲンセファログラムなどの項目が含まれており、約30分程度の検査となります。
料金は25,000円~60,000円と差があります。

●診断料
料金や治療期間、治療方針の治療計画の説明が行われます。
料金は10,000円~40,000円程度です。

成人矯正の費用

メタルブラケット 580,000円~750,000円
セラミックブラケット 600,000円~800,000円

裏側矯正

歯の裏側に矯正装置を装着します。

上下とも裏側からの舌側矯正 1,000,000円~1,250,000円

部分矯正

歯の一部のみ矯正を行います。
歯数により異なりますが、130,000円~200,000円となっています。

マウスピース矯正(インビザライン)

うすい透明のマウスピース型の矯正装置を使用します。

軽度 上または下前歯のみ 400,000円~750,000円
上下前歯         500,000円~
中程度以上(非抜歯) 700,000円~800,000円
中程度以上(抜歯、補助装置込み) 900,000円~
中程度以上(抜歯、補助装置裏側から) 1,000,000円~
装置料再制作料 (装置により異なる) 20,000円~/個

子供の矯正費用

■第1期治療
予防矯正、乳歯と永久歯が混ざっている時期の矯正治療です。
メタルブラケット 300,000円~370,000円

■第2期治療費
第1期治療の後、永久歯の仕上げに行う矯正治療です。
料金は350,000円程度から設定されていることが多いようですが、症状によっては1期治療のみで終わるケースもあります

処置・調整費用

■管理処置料
月に一度程度の調整を行います。処置時間は30~60分程度です。
料金は5,000円~となっています。

総額制やトータルフィーところは、0円

■保定観察料 30~60分
矯正治療後、「後戻り」を防止するために、3ヶ月~半年毎に来院して観察を行います。観察時間は30~60分程度で、料金は3,000円のところがほとんどです。

■治療後の料金
装置を外した後に使用するリテーナーの料金は10,000円~60,000円程度です。
また、年に数回行う定期検診料は2,000円程度で、保定装置量に含まれることもあります。

支払方法は様々!

矯正=費用が高いというイメージを持っている人も多いと思いますが、今回の平均的な費用を見て、「こんなに高いのか…」と驚いた人も多いでしょう。
しかし支払う金額が大きいため、矯正歯科ではさまざまな支払い方法や料金設定をしています。
例えば、トータルフィー(総額制)と呼ばれる支払い方法の場合は、治療開始から治療完了までの費用を事前に支払うことで、通院のたびにお金を払う必要がありません。
また、処置料別払い制やデンタルローンなど、矯正歯科によって支払い方法や料金設定が違うので、カウンセリングを受ける時にどのような支払い方法や料金設定になるのか、確認しておくようにしましょう。
「お金はないけど、早く治療を開始したい!」という場合でも、分割やローンなどを組んでくれるところもあるので、初期費用が抑えられ、早く治療が始められることもあります。

院長ブログ 最近の記事

院長ブログ カテゴリー

院長ブログ アーカイブ

お問い合わせ
  • 矯正メール相談
  • 無料カウンセリング診療予約
  • お問い合わせ
地図
日本橋人形町ジェム矯正歯科 東京都中央区日本橋堀留町2-1-15 2F 03-6661-9870

診療時間11:00~14:00 16:00~21:00 (土日祝は休診日)