TOP > 院長ブログ > コラム > 矯正歯科で用いる一般的なブラケット・ワイヤー装置について

矯正歯科で用いる一般的なブラケット・ワイヤー装置について

2019/10/04
カテゴリー:コラム | 院長ブログ

矯正治療の中でオーソドックスな治療法がワイヤー矯正です。ワイヤー矯正にも種類があり、それぞれメリットとデメリットがあります。それぞれの特徴を知り、歯並びの症状や仕事の都合などを考慮して治療法を決めましょう。

歯科矯正の種類

一般的な歯科矯正にはワイヤー矯正、裏側矯正、マウスピース矯正などがあります。費用を安く抑えられたり見た目が綺麗だったり、それぞれ良い点は異なります。特徴を比較して自分に適した方法を探しましょう。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正はブラケットと呼ばれる装置を歯の表面につけて、ワイヤーでブラケットを繋いで歯並びを固定する治療法です。金属のブラケットを使用するメタルブラケット。セラミック、プラスチックのブラケットを使用する審美ブラケットなどがあります。矯正治療の中で一番知られている方法で、ほとんどの症状に適応できます。

メリット

前述にある通りほとんどの症状に対応しているため、他の方法ではできないような症状でもワイヤー矯正であればできるということがあります。丈夫で違和感が少なく済みます。また矯正治療の中でも比較的費用を安く抑えることができます。

デメリット

金属ブラケットは審美性に欠けるため、見た目が気になる人もいます。矯正をしていることが一目で分かるため目立ちます。セラミック、プラスチックブラケットは審美ブラケットという名の通り、金属ブラケットよりは目立ちません。

裏側矯正

裏側矯正は歯の裏側にブラケットを装着する治療法です。そのため目立たないのが特徴です。上の歯だけ裏側矯正、下の歯は表側に装着する方法も可能です。仕事の関係などで見た目が気になるという人にオススメです。

メリット

なんといっても矯正器具が見えないのがメリットです。目立たないので見た目に対するストレスを軽減することができます。また表側より虫歯になるリスクが低いです。もちろんセルフケアをしっかり行っているか、個人差などもあります。

デメリット

表側矯正よりも技術が必要であるため、全ての歯科医院でも行っているとは限りません。むしろ積極的に取り入れている歯科医は少ないため、クリニック選びから重要になってきます。また表側矯正よりも費用がかります。上の歯だけ裏側矯正、下の歯は表側というようにして費用を抑える方法もあります。歯の裏側に装置があるため、発音がしにくく違和感を感じる事もあります。

マウスピース矯正(インビザライン)

ワイヤーブラケットを使わずマウスピースを使用して行うため、一人ひとりに合わせたオーダーメイドのマウスピースで治療ができます。目立たないため周りから気づかれにくく、マウスピースなので取り外しも可能です。

メリット

取り外しができるので、食事や歯磨きの時がストレスになりません。ワイヤー矯正は取り外しができないため、器具に食べかすが残りやすく歯磨きが大変です。その点マウスピースは取れるので普段通りの歯磨きができて、虫歯になるリスクを下げることができます。

デメリット

取り外しができて良い反面、取り外している時間が長くなるとその分治療期間も長くなります。ですから自己管理をきちんとできる人に向いています。また対応できる症状が限られてしまうため、マウスピース矯正をやりたくてもできない場合もあります。

矯正歯科で用いるブラケット・ワイヤーの種類と特徴

ブラケット・ワイヤー矯正は2種類のリンガルブラケット、セラミックブラケット、メタルブラケットの4種類があります。見た目の目立たなさや傷みが弱いなどそれぞれの特徴を把握しておきましょう。

リンガルブラケット(上下裏側)

上下の歯共に、歯の裏側に矯正器具をつけます。表から見えないため、矯正をしていることがバレにくいです。舌に器具が当たるため、発音が難しかったり、違和感を感じやすいです。治療費が高くなりますが、矯正器具が見えないようにしたい人にオススメです。

リンガルブラケット(上裏側・下表表側)

上の歯は器具を歯の裏側につけます。下の歯は表側に器具をつけますが、金属タイプではなくセラミックのブラケットをつけるため表からはあまり見えません。下の歯はそれ程見えないため、笑ってもあまり気にすることはありません。上下裏側よりも費用を抑えられます。

セラミックブラケット

セラミックでできたブラケットで半透明をしています。金属と比べると審美性に優れています。裏側矯正は金銭面的に難しい、でも目立たないようにしたいという人にオススメです。

メタルブラケット

.
一般的に広く知られている、金属でできたブラケットを使用します。見た目は目立ちますが、幅広い症状に対応していてとても高性能です。

それぞれの特徴を理解してから治療法を選ぼう

症状の具合によりますが、費用を抑えたいか審美性を選ぶかで治療法の選択も変わってきます。昔は矯正といえばメタルブラケットが一般的でした。ですが今では、いくつかの中から治療法を選べるようになりました。せっかく治療法を選択できるのですから、全ての特徴を理解してから最適なものを選ぶと良いでしょう。

総額制 毎回クリーニング無料 毎回ドクターが治療 夜21時まで カード払い 人形町駅1分

院長ブログ 最近の記事

院長ブログ カテゴリー

院長ブログ アーカイブ

お問い合わせ
  • 矯正メール相談
  • 無料カウンセリング診療予約
  • お問い合わせ
地図
日本橋人形町ジェム矯正歯科 東京都中央区日本橋堀留町2-1-15 2F 03-6661-9870

診療時間11:00~14:00 16:00~21:00 (土日祝は休診日)