ブログ

Blog子供の部分歯列矯正治療は費用が安い?メリットとデメリットを解説

2020/01/24 カテゴリー:衛生士うたの矯正日記 | コラム/うた

子供の歯の部分矯正治療は、全体の矯正治療費用よりも安く済む反面部分的な仕上がりになるため、事前に専門医の診察が必要です。

子供の歯は大人になるにしたがって強く丈夫になっていきますが、同時に骨も形成されていくためアゴの形や噛み合わせに注意しなければなりません。

歯並び全体を矯正する方法もありますが、組織が柔軟なうちは部分的な矯正治療も可能です。今回は子供の部分矯正治療について、メリットとデメリットを解説します。

子供の歯の部分的な矯正治療は安い?

噛み合わせに多くみられるものが「出っ歯」や「八重歯」です。いずれも前歯とその周辺の問題なので、部分的な矯正で安く治療をしたいという方も多いのではないでしょうか。

しかし部分的に歯並びを解決しても、口の中全体を見渡さなければスムーズにものを噛んで食べられなかったり、発声に影響が出たりする可能性も。

したがって部分的な矯正治療が可能かどうかは、それぞれのお子さんのアゴや口の中の状態によって決まります。

子供の矯正歯科治療は大人になるまでの成長期を見据えて行われるため、どのように成長するかをシミュレーションしながら行うものです。

部分的に美しい並びを手に入れても、それ以外の歯がガタガタになると再度治療を行わなければなりません。

子供の歯の部分的な矯正治療のメリット

ここでは子供の歯の部分矯正治療にどのようなメリットがあるのか紹介します。

負担が少ない

部分矯正治療は部分的に装置を取り付ける方法のほか、マウスピース型装置を使用して治療を行っていくことも可能で、お子さんにかかる負担を抑えられます。

審美性・機能性に優れた矯正装置を使えば、学校や塾でも口元が目立たず安心して過ごせます。

虫歯のリスクが低い

部分矯正治療でマウスピース治療を選べば、通常の矯正治療のように「付けっぱなし」ではないので通常通り歯磨きができます。常に口腔内が清潔に保てるので、虫歯のリスクを減らすことができます。

子供の歯の部分的な矯正治療のデメリットや注意点

子供の歯の部分的な矯正治療のデメリットや注意点についてもみていきましょう。

部分的な矯正治療になるリスク

子供の歯は骨とともに成長しており、15歳頃まで様子をみながら治療するのが一般的です。

部分矯正治療の場合、「上の歯だけ」「前歯だけ」といった部分的な治療にとどまるため、他の歯の歯並びが気になったときに治療方法を変更しなければならない可能性が出てきます。

治療期間が長引く可能性

部分矯正治療をしてからすべての歯並びを整える必要が出てきた場合、治療期間が当初の予定よりも長引くことがあります。

治療を受ける際にはお子さんの成長の状況を定期的にチェックしながら、口の中やアゴの骨なども含めた全体的なケアをしていく必要があります。

部分矯正治療の相談は矯正治療の専門医院へ

東京都中央区にある日本橋ジェム矯正歯科では、矯正歯科の専門医院として安心して治療が受けられる環境を整えています。

取り外しのできる側方拡大装置やマルチブラケット装置、出っ歯用のバイオネーターなどお子さんの状況に合わせた装置を提案します。

矯正の専門医院で直接診断・治療を行い、裏側矯正治療など目に付きにくい治療にも対応。部分矯正治療を考えている方はぜひご相談ください。

   
関連新着記事
ブログカテゴリー
     
矯正治療
子供の矯正
中学生以上の矯正
クリニックについて
その他お知らせなど
TOPへTOPへ