TOP > 2019年 > 5月

衛生士うたの矯正日記

矯正歯科なら日本橋人形町ジェム矯正歯科へ

開咬とはどんな状態のことを指している?症状や原因を紹介!

2019/05/30

歯と歯の隙間が出来る症状になる開咬は、噛み合わせや健康状態にも影響する恐れがあるため、早めに改善することが大切です。具体的には、どのような症状が発生する可能性があり、何が原因で発症することがあるのでしょうか。

今回は、開咬について症状や原因について解説していくので、参考にしてみてください。

開咬とは?

 

一般的に開咬とは、前歯に上下方向の隙間が出来る不正咬合のことを指しており、奥歯でしっかり噛んだとしても、上下の前歯が噛み合わないという症状になるのが特徴です。

 

別名「オープンバイト」とも呼ばれており、力を入れても閉じても歯と歯の間が空いているため、上手く食べ物を噛み切ることができない状態となってしまいます。開咬の状態が強い場合は、胃腸への負担が大きくなることもあるため注意が必要です。

 

開咬の症状

 

開咬の状態に陥っている場合は、常に口が開いている状態になります。そのため、気付かないうちに口呼吸をしていることが多くなってしまうのが特徴です。口呼吸の頻度が高い場合は、口内が乾燥しやすく、口内の菌の繁殖を促進させる恐れがあります。

 

唾液が発生していれば、口内環境を整え、菌の繁殖を防ぐことができますが、開咬の状態が続くと唾液の分泌が抑えられてしまうため、口内環境が悪化してしまうでしょう。また口内の乾燥は風邪や歯周病、口臭を引き起こす原因になります。

 

他にも、上下の歯に隙間が出来ることで、慢性的に空気が漏れてしまい、特定の音を出しにくい状態になってしまうのが特徴です。活舌や発音にも開咬は影響する可能性があるので、コンプレックスになってしまうことがあります。

 

奥歯にも開咬が出来るケースもある

 

開咬は、基本的に前歯に隙間が出来ることで様々な症状が引き起こされます。しかし、中には奥歯にも開咬が出来る方もいるので注意しましょう。

 

前歯に空間が出来る開咬のことは「前歯部開咬」、奥歯に空間が出来る開咬のことは「臼歯部開咬」と呼びます。開咬が発生する原因のほとんどは、幼少期の癖が要因になって引き起こされている可能性があるのが特徴です。

 

永久歯の生える時期まで、指しゃぶりが続いている場合や舌の癖によって、歯の生え方に問題が生じ、開咬に繋がることがあります。歯が不揃いに生えることで、隙間が発生し、本来噛み合うはずの歯が噛み合わなくなるのです。

 

他にも、顎の骨の成長に問題があり、開咬症として発生することがあります。顎の骨が原因で開咬症が発生した場合は、外科手術を利用して、治療を行う必要があるので、改善する場合は外科的矯正治療を検討する必要があるでしょう。

 

開咬が悪化する歯を失う可能性がある

 

開咬の症状がひどくない場合は、歯と歯に多少の隙間が発生するほどですが、症状が悪化すると歯を失うリスクが高くなる可能性があります。歯の噛み合わせは、食事面や発音の問題だけでなく、歯にかかる荷重の分散にも大きく影響するのが特徴です。

 

前歯の噛み合わせが悪いことで、力の分散が上手く行えずに、奥歯に大きな負担がかかり、歯の劣化を早めてしまうことがあります。

 

開咬の症状が悪化し、歯の劣化がひどくなると治療が困難な状態になる可能性があるでしょう。最終的には、劣化した歯を抜く必要が発生することもあるので、開咬が悪化しないように事前に対策を講じることが大切です。

 

早めに矯正治療が必要

 

開咬が発生している場合や発生する可能性が考えられる場合は、事前に矯正治療を施すことが重要です。歯と歯の隙間を矯正治療でなくすことで、綺麗な歯並びが実現されます。

 

歯並びを矯正することで、食事面や発音面、歯の劣化を防ぐきっかけにすることができるので、開咬症が懸念される場合は早めに対処するようにしていきましょう。

ガミースマイルとは?原因や治療法を紹介!

2019/05/22

ガミースマイルとは?

 

一般的にガミースマイルとは、笑った時に歯だけでなく、上顎歯茎部分が広範囲にわたって見える口元のことを指しています。ガミースマイルになる原因は、骨格や歯並びなど、様々なことが考えられますが、歯茎が大きく見えることから、コンプレックスになってしまう方が多いのが特徴です。そのため、歯茎が見えてしまうことから、笑うことを躊躇する方もいると言われています。

 

ガミースマイルになるかどうかは、遺伝的な要素が大きく、自然に治ることは難しいと言われているのが特徴です。中には、永久歯が生えてくる前に、改善されることもありますが、綺麗に治すためには矯正歯科で治療を施す必要があります。

ガミースマイルの原因

 

笑うと歯茎まで見えてしまうガミースマイルですが、どのようなことが原因で発生してしまうのでしょうか。ガミースマイルの原因を解説していくので、参考にしてみてください。

 

1.上あごの骨格や歯並び

 

アジア人の多くは、上あごなどの口周りの骨が出っ張っているのが特徴です。そのため、歯茎が長くなる傾向にあるため、ガミースマイルの原因となることがあります。

 

具体的には、歯茎の骨に該当する上あごの骨が前に出っ張っているため、骨自体が縦に長いことが原因となることがあるので注意しましょう。

 

2.上唇の形状や筋肉

 

上唇の形状が原因でガミースマイルになっている場合は、縦の幅が短く、薄い形状の唇であることが考えられます。歯茎は、口を開くと上唇が隠れるのが普通ですが、薄い唇の方の場合は、歯茎が隠れないため見えやすくなっているのが特徴です。

 

他にも、上唇を持ち上げるニンニクもガミースマイルに結び付くことがあります。ガミースマイルになる方は、上唇を持ち上げる筋肉が非常に発達していることで、発生することがあるでしょう。

 

上唇の筋肉は上唇挙上筋と言われており、この筋肉が発達することで、唇が上に持ち上げられ、歯茎が見えて過ぎてしまう傾向にあります。

 

3.歯茎

 

歯茎が発達し過ぎている場合や、歯に歯茎が被っている場合にも、歯茎が見えやすくなってしまうことがあります。歯が普通の位置から生えていても、歯茎が深く覆い被さっているため、歯茎が目立ってしまうのです。

 

歯よりも歯茎の割合が大きくなってしまうと、歯が少し出るほどの笑顔でも、歯茎が見えてしまい、ガミースマイルとなることがあります。

 

ガミースマイルを治療する方法

 

ガミースマイルを治す方法としては、原因によって対処法が異なるのが特徴です。歯茎がガミースマイルの原因になっている場合は、レーザーなどを使用して、歯肉切除を行うことで改善することができます。

 

唇がガミースマイルの原因になっている場合は、粘膜切除手術などの外科治療が必要になることがあるでしょう。

 

ガミースマイルは、遺伝的な要素が関係して発生することが多いため、簡単に治すことは難しいのが特徴です。そのため、根本的にガミースマイルの発生を抑制したいのであれば、外科手術も検討する必要があります。

 

ガミースマイルを治すには矯正治療が必要

 

ガミースマイルを治療するためには、矯正治療を施すことも検討する必要があります。ガミースマイルは、骨格が原因となって発生することが考えられるため、矯正治療によって歯を矯正すれば、ガミースマイルを防ぐことに繋がるでしょう。

 

ガミースマイルが気になって自然な笑顔が出来ない、人前で話すのが苦手という方は、矯正治療も意識することが大切です。

裏側矯正のメリットとデメリット ~見えない裏側矯正専門 中央区日本橋人形町 夜21時まで診療のジェム矯正歯科~

2019/05/07

歯並びが悪く見た目が悪い。
人前で笑うのに抵抗がある。
これらの理由から矯正を始める方がほとんどだと思います。

 

しかし、矯正を考えるうえでどうしても気になるのが、あのギラギラした装置ですよね。
見た目をよくしたいのに見た目を気にして、矯正を躊躇してしまう方も多いはず。

 

そんな時、見た目を気にせず周りの人に気付かれないで矯正できる治療法があります。

 

それが、歯の裏側に装置をつける裏側矯正です。

 

裏側矯正には上下顎とも歯の裏側に装置をつけるフルリンガルと、上顎のみ裏側で下顎は表側に装置を付けるハーフリンガルがあります。

 

裏側矯正には様々なメリットがあります。

 

▶誰にも気付かれず他人の視線を気にしないで矯正治療ができる

裏側矯正は歯の裏側に装置をつけるため、外側からは見えず周囲から気付かれることなく治療が出来ます。

接客業の方など、人と接する仕事で人目を気にされる方におすすめです。

▶むし歯になりにくい

表側矯正では、装置の装着部分がうまく歯磨きできず、むし歯になるリスクが高くなります。

しかし、歯の裏側は表側よりもエナメル質(歯の表面の1番硬い層)が3倍も厚く、細菌の出す酸に強いのです。

また、歯の裏側には常に唾液が循環しており、唾液の殺菌作用によりむし歯菌が増殖しにくくなります。

以上の理由から、表側よりも裏側に装置をつけた方がむし歯になりにくいのです。

▶前歯が引っ込みやすい

裏側矯正では、歯の裏側から力を加えるために奥歯が前に動きにくく、前歯をきちんと後ろに移動させることができ、前歯が引っ込みやすくなります。

歯が前に出ているいわゆる出っ歯の方で、なるべく前歯を引っ込めたい場合には裏側矯正の方が効果的です。

▶舌癖の防止、矯正後の後戻りのリスクが軽減

出っ歯の方の多くは、舌で前歯を押す癖があります。

この癖が直らないと、矯正後また前歯は元に戻ってしまいます。

歯の裏側に装置をつけることで、装置が舌癖の防止にもつながり、矯正後の後戻りのリスクが減少します。

 

 

メリットばかりではありません。もちろんデメリットもあります。

 

 

▶違和感があり、発音がしにくい

装置が舌にあたり違和感を覚える方がいらっしゃいます。

また、装置が裏側についていることにより、舌を歯の裏側に当てて発音しにくくなり、「さ・た・な行」に影響が出ることがあります。

しかし、次第に慣れて普通に発音できるようになる方がほとんどです。

▶費用が高い

表側矯正に比べ費用が若干高くなります。

歯の裏側は複雑な形状をしており、患者様ひとりひとりに合わせた装置、つまりオーダメイドで作成する必要があります。

また、裏側に装置を取りつけるために特殊な作業を要するなど、高度な技術と時間を要するため費用が高くなってしまいます。

▶歯磨きがしづらい

裏側に装置がついていることで見えないため、歯磨きがしづらいと感じる方もいらっしゃいます。

 

以上のようなデメリットもありますが裏側矯正を希望する場合、「見えない矯正」というのが他とは比べ物にならない、最大のメリットになると思います。

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
日本橋人形町ジェム矯正歯科

〒103-0012
東京都中央区日本橋堀留町2-1-15 2F

電話 03-6661-9870
https://gem70.jp/

平日11時~14時 16時~21時
※日曜 9時30分~13時(月1回)
土曜・日曜・祝日休診

無料矯正相談・無料カウンセリング受付中!
歯並び、矯正装置のこと、お気軽にご相談ください。
無料相談ご予約:03-6661-9870
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

矯正日記 最近の記事

矯正日記 カテゴリー

矯正日記 アーカイブ

お問い合わせ
  • 矯正メール相談
  • 無料カウンセリング診療予約
  • お問い合わせ
地図
日本橋人形町ジェム矯正歯科 東京都中央区日本橋堀留町2-1-15 2F 03-6661-9870

診療時間11:00~14:00 16:00~21:00 (土日祝は休診日)