TOP > 2019年 > 6月

衛生士うたの矯正日記

矯正歯科なら日本橋人形町ジェム矯正歯科へ

前歯がデコボコしている場合の対処とは?矯正歯科相談がおすすめ

2019/06/26

前歯がデコボコしていて気になる

 

 

人の印象を決める上で、歯の状態というのは大きな割合を占めます。その中で、前歯がデコボコしている場合は、どのような対処を施すのが一番いいのでしょうか。中には、前歯がコンプレックスという方も多いでしょう。

 

前歯がデコボコして悩んでいるという方には、矯正歯科相談をおすすめします。矯正歯科相談とは、どんなものなのか詳しく紹介していきます。

 

前歯がデコボコしている原因

 

歯並びが悪く見えてしまう、前歯のデコボコとは、どのようなことが原因で発生してしまうのでしょうか。前歯がデコボコしている原因を紹介していくので、参考にしてみてください。

 

1.歯の大きさや顎の大きさ

 

生まれつき、歯の大きさや顎の大きさが関係して、前歯がデコボコと生えてきてしまうことがあります。歯に対して顎が小さい、顎に対して歯が大きい、歯が大きく顎は小さいといったことが原因で、前歯がデコボコと生えてきてしまうのです。

 

先天的なことが原因であるため、遺伝的なことが関係している可能性があります。その場合は、矯正治療を施すなど対処が必要です。

 

2.乳歯から永久歯の交換が上手くいかない

 

乳歯から永久歯に生え変わる際に、歯に隙間が生じている場合、永久歯が生えてくる場所が前に移動したり、後ろに移動したりと本来生えてくるはずのない場所に生えてしまうことがあります。

 

そういった後天的な問題は、思春期の13歳頃に発生することがあるので、矯正治療のタイミングをいつにするのか検討することが大切です。

 

3.習慣によるもの

 

指しゃぶりなどの習慣により、不正咬合の原因になり、前歯がデコボコとしてしまう可能性があります。習慣を改善することで症状が悪化することを防ぐことはできますが、解決するためには、矯正治療が必要です。

 

歯並びの悩みは矯正歯科相談がおすすめ

 

前歯がデコボコして気になるという方や歯の状態が気になるという方は、一度自分の歯がどのような状態になっているのか、正しく理解するために矯正歯科相談を受けることをおすすめします。

 

矯正歯科相談とは、具体的にどのような物なのか、詳しい内容を紹介していくので、参考にしてみてください。

 

1.治療内容を丁寧に説明

 

前歯がデコボコしていて気になるという方などのために、歯科医院で予約を行えば、歯の精密検査を行うことができます。その際に、精密結果の相談をコンピュータを利用し、術後の状態を予測したり、実際の装置を手に取りながらどのように矯正するのがいいのか説明を受けることができるのが、矯正歯科相談です。

 

治療を開始してからでも、治療経過を聞くことができ、毎回使用している装置や方法、効果などを丁寧に説明してもらうことができます。

 

2.正しい歯磨きも指導してもらうことができる

 

矯正歯科相談では、矯正治療の内容を説明してもらうことができるだけでなく、どのように歯磨きを行えばいいのか、矯正中の悩みも解決してもらうことができます。

 

また歯の汚れや着色には、プロがクリーニングを行ってくれることもあり、歯の強化を実施することが可能です。矯正して前歯のデコボコを改善するだけでなく、口内環境を整えることにも繋がります。

 

3.患者様に合わせて施術を行う

 

歯科矯正相談では、歯や顎、成長の状態を診察した後に、どのように施術を行うのか、患者様に合わせて実施させて頂きます。その際に、期間や費用などについても紹介していくので、最終的に行う施術を患者様に決めてもらうのが特徴です。

 

前歯のデコボコは矯正で改善


前歯がデコボコと生えてしまうのは、様々なことが原因で発生することがあります。改善するためには、矯正治療を施すことが大切で、歯科医院では患者様の歯の状態に合わせて治療方法を提案させて頂くのが特徴です。

 

一度ご自身の歯の状態を確認するためにも、矯正歯科相談を受けてみることをおすすめします。

裏側矯正(リンガル)とは?メリットやデメリットは?

2019/06/18

裏側矯正(リンガル)とは

 

 

 

歯の矯正治療と言えば、見た目を綺麗にすることが目的というイメージが強いですが、歯の矯正治療は虫歯予防や顎の負担を軽減することにも繋がるため、健康効果を促すことにも繋がります。しかし、中には矯正装置を付けることを躊躇ってしまう方も多いでしょう。そのために裏側矯正(リンガル)があります。

 

今回は裏側矯正(リンガル)とは、どのような物なのか、メリットやデメリットについても紹介していくので、参考にしてみてください。

 

裏側矯正(リンガル)とは?

 

 

歯並び向上に繋げることができる歯の矯正ですが、従来の矯正装置は歯の表側に装着することが多かったため、他の人に矯正していることがわかってしまうというデメリットがありました。

 

そのため、矯正治療を施すことで目立ってしまい、恥ずかしいという理由から、矯正治療を躊躇ってしまう方も多いのです。そんなデメリットを解決してくれるのが、裏側矯正(リンガル)になります。

 

裏側矯正(リンガル)は、歯の裏側に装置を装着して歯を動かす治療法のことで、装置が隠れることから、矯正治療中かどうかを他の人からわからないように配慮してくれる方法です。他の人に矯正中であることを知られたくないという方におすすめになります。

 

裏側矯正(リンガル)のメリット

 

今までの矯正治療とは異なり、裏側矯正(リンガル)には様々なメリットがあります。具体的には、どのようなメリットが生じるのか、詳しい内容を紹介していきましょう。

 

1.他の人から矯正装置が見えづらい

 

裏側矯正(リンガル)は、歯の裏側に矯正装置を取り付けることから、他の人から矯正装置が見えづらいのがメリットになります。矯正していることがバレないので、指摘されたくない方におすすめです。

 

2.装置を付けていても虫歯になりづらい

 

歯の裏側は表側と違い、唾液の循環が早いことから、虫歯菌の発生を抑制することが出来ます。またエナメル質についても、表側よりも裏側の方が厚いので虫歯になりにくいのが特徴です。

 

そのため、裏側に矯正装置が取り付けられており磨きづらい状況でも、虫歯になりづらいのがメリットになります。

 

3.前歯が引っ込む

 

裏側矯正(リンガル)を実施することで性質上、前歯が安定して引っ込みやすくなるので、出っ歯の方には効果的な矯正方法と言えるでしょう。

 

出っ歯が日頃から気になっているという方にも、おすすめの矯正方法となっているので、一度実践してみてください。

 

裏側矯正(リンガル)のデメリット

 

他の人に見えづらく、矯正効果を得られやすい裏側矯正(リンガル)ですが、中にはデメリットもあります。どのようなことが裏側矯正(リンガル)のデメリットと言えるのか、詳しく紹介していきましょう。

 

1.矯正費用が比較的高い

 

裏側矯正(リンガル)は、従来の矯正方法と比較すると、高い技術が必要となり、治療期間も長くなってしまうことがあります。そうなることで、従来の矯正方法よりも費用が高くなってしまうのがデメリットです。

 

2.発音がしづらい

 

裏側に矯正装置が取り付けられることで、発音がしづらくなるデメリットがあります。発音については、個人差によるものがありますが、慣れるまで発音が難しいのは確かです。

 

3.歯の裏側の歯磨きがしづらい

 

矯正装置全般に言えることですが、歯の裏側に取り付けることで、歯の裏側の歯磨きがしづらいのがデメリットです。歯の裏側は、唾液の分泌が多いため、虫歯になる心配は少ないですが、それでも違和感を覚えてしまう方は多いでしょう。

 

裏側矯正(リンガル)はバレずに行える矯正方法

 

大人になってから矯正装置を取り付けるのは恥ずかしいという方やお子様でも、矯正装置を付けることで、からかわれるのが嫌という方も多いでしょう。

 

そんな方には裏側矯正(リンガル)がおすすめです。他の人にバレずに行える矯正方法なので、ぜひ一度検討してみてください。

子供のうちに矯正治療する理由とは?歯並びが悪くなる原因は?

2019/06/09

なぜ子供のうちに矯正治療をするの?

 

 

子供の頃に歯科医院に出向き、矯正治療を施す家庭は多いですが、なぜ子供のうちに矯正治療を施すことが多いのでしょうか。基本的には、歯並びの土台作りを行うことが目的ですが、具体的にはどのような効果を得ることができるのか気になります。

 

今回は、子供のうちに矯正治療を行う理由や歯並びが悪くなる原因についても解説していくので、参考にしてみてください。

 

子供のうちに矯正治療をする理由

 

子供の矯正治療は、顎の成長をコントロールすることで、綺麗な歯並びを実現し、土台作りとして大切なことに繋がります。歯並びがよくなれば、歯を綺麗に見せること以外にも、大きなメリットがあるのです。

 

子供のうちに矯正治療を行う理由について、詳しい内容を紹介していきます。

 

1.虫歯・歯周病の予防

 

子供のうちに矯正治療を行う理由の一つとしては、虫歯や歯周病の予防に繋がるということです。矯正治療を行う前に、歯並びが悪いと食べ物や汚れが歯の隙間に蓄積し、虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。

 

矯正治療で歯並びを整えると、歯磨きがしやすくなり、歯の病気の予防に繋がることになるため、子供のうちに矯正治療を施すことが多いのです。

 

2.噛む能力が向上

 

歯並びを整えることで、咀嚼機能を向上させることができます。咀嚼機能を向上させることで、食事が美味しいと感じるだけでなく、消化吸収を促進することに繋がるので、健康的にもいい効果を与えることが可能です。

 

また咀嚼回数を増やすことで、唾液の分泌を促し、口内環境を整えることにも繋がります。大人になってから口臭の発生を意識する機会が少なくなるので、子供のうちに矯正治療を施すことが多いのです。

 

3.発音が良くなる

 

日頃から行う会話などの発音は、歯並びと舌の動きに大きく影響されることが考えられるため、矯正治療で歯並びを改善することで、発音が改善されることがあります。

 

歯並びが悪く、歯の隙間に空間が生じている場合は、空気が漏れて発音し辛いなどの影響を与えることがあるので、子供のうちに矯正治療することで、普段の会話にも自信を持つことが可能です。

 

子供の歯並びが悪くなる原因

 

子供のうちに矯正治療を施す理由としては、歯並びが悪くなっていることが原因であることが多いでしょう。子供の歯並びが悪くなる原因とは、どのようなことが関係しているのでしょうか。詳しい内容を紹介していきます。

 

1.歯や顎の骨の大きさ

 

子供の歯並びが悪くなる原因としては、歯の大きさに対して、顎の骨が小さすぎることで、歯が上手く並ばず、ガタガタになってしまうことが関係しています。

 

歯や顎の骨を考慮して、適切な歯並びを実現するためには、矯正治療を施す必要があるのです。

 

2.舌の癖や指しゃぶり

 

舌の動かし方に癖がある場合は、歯並びに悪い影響を及ぼしてしまうことがあります。他にも、指しゃぶりが続くことで、指で歯が押されてしまい、上と下の歯が正常に噛み合わなくなる可能性があるでしょう。

 

その結果、歯並びを悪化させることに繋がるので、子供のうちに舌や指しゃぶりの癖がある場合は、改善させることが歯並び向上のきっかけになります。

 

3.口呼吸

 

歯並びが悪くなる原因の一つとして、常に口を開いた状態で口呼吸していることが関係している可能性があります。口を開いた状態が慢性的に続いている場合は、舌と唇の力バランスが崩れ、歯並びに影響を及ぼす危険性があるのです。

 

健康的にも、鼻呼吸が望ましいと言われているので、口呼吸が癖になっている方は、鼻呼吸を意識することが重要になります。

 

子供のうちに矯正治療することで様々なメリットがある

 

矯正治療は、歯並びを治して、見た目を綺麗にすることが目的と考えている方がいますが、実際には綺麗に見せる以外にも、様々なメリットがあります。

 

歯の隙間を開けないことで、虫歯や歯周病の発生を予防することや咀嚼機能を向上させるきっかけにすることができたり、発音が改善されることがあるのです。

 

子供のうちに矯正治療することで、多くのメリットを得ることができるので、お子様の歯並びが気になる場合は、早めに歯科医院で矯正治療を行うことを検討してみてください。

矯正日記 最近の記事

矯正日記 カテゴリー

矯正日記 アーカイブ

お問い合わせ
  • 矯正メール相談
  • 無料カウンセリング診療予約
  • お問い合わせ
地図
日本橋人形町ジェム矯正歯科 東京都中央区日本橋堀留町2-1-15 2F 03-6661-9870

診療時間11:00~14:00 16:00~21:00 (土日祝は休診日)