TOP > 2019年 > 7月

衛生士うたの矯正日記

矯正歯科なら日本橋人形町ジェム矯正歯科へ

歯並びに対する意識は日本と欧米で違う?具体的な理由

2019/07/16

歯並びに対する欧米との意識の違いは?

 

 

欧米人は、日本人と比較すると歯並びに気を付けていることが多く、白い歯が魅力に感じることがあります。歯並びに対する意識が、日本人よりも根強く、常に歯を労わっていることが考えられるでしょう。

 

今回は、歯並びに対する日本と欧米の意識の違いについて解説していくので、参考にしてみてください。

 

歯並びに対する日本と欧米の違い

 

欧米人と比較すると、日本人は歯並びが悪い傾向にあるのが特徴です。なぜ日本人と欧米人では歯並びについて差が出てくるのでしょうか。それは、欧米人の歯並びに対する意識の違いが関係しています。

 

歯並びに対する日本と欧米の違いについて、詳しい内容を紹介していきましょう。

 

1.欧米は歯を見せるのがコミュニケーションの一環

 

欧米人が歯並びを意識するのは、日本人との文化の違いが関係しています。欧米人は、明確な自己主張やハッキリした意思表示が求められるため、表情豊かであることが多いのが特徴です。そのことから、笑顔の時に歯を見せることが、社会的な信頼関係を築くために大切なことであることから、歯並びを欧米人は常に意識しています。

 

日本人の場合は、ハッキリした自己主張や意思表示は、社会生活を営む上で、信頼関係においてマイナスに働くという意識があるのが特徴です。

 

特に日本人の女性は、笑顔の時に歯を見せるのではなく、口元を隠すことが多いと言われており、歯並びに関しての意識の違いが欧米人と異なることがわかっています。

 

2.小さい時に矯正

 

欧米社会にとって歯を綺麗に見せるということは、円滑に社会生活を営む上で重要なことであると認識していることから、小さい子供の時に歯並びを矯正するというのが欧米人の文化です。

 

また親も欧米社会では、歯並びを綺麗に見せる必要があると、意識的に考えていることから、子供に矯正を促すのが一般的になります。

 

ヨーロッパでは、子供の矯正治療を健康保険でカバーするといった処置が行われているので、どれだけ歯並びに対して意識しているのかがわかるでしょう。

 

3.歯並びはエチケットの一つ

 

欧米人にとって、歯並びは社会生活を円滑に進めるために、身だしなみやエチケットの一つとして重要であると考えられています。歯を綺麗に見せることができないことは、人とコミュニケーションするエチケットとして好ましくないと言われているため、歯に対する意識が強いのです。

 

また欧米人は、歯並びだけでなく、ホワイトニングに対しての意識も高いことから、歯全般に関しての治療を施すことが多いと言われています。

 

海外では矯正治療に対して保険制度が適用されている

 

日本と欧米とでは、歯に対しての意識の違いがあることがわかります。実際に、海外では矯正治療に対して 、保険制度が適用されている国も多いため、文化的に日本人と考えが違うことがわかるでしょう。

 

どのような海外では、どのような保険制度が適用されているのか、少し紹介していきます。

 

・アメリカ

 

アメリカでは、2014年以降に健康保険の加入が義務化され、メディケイドは子供の矯正において、治療が必要な物については保険が適用されるようになっています。

 

他にも、様々な民間の医療保険が存在しているのが特徴です。

 

・スウェーデン

 

歯科先進国と言われているスウェーデンでは、公営と民間の医療機関があり、公営の医療機関では19歳まで矯正治療を無料で行うことができます。また光栄の診療所では、19歳以下の虫歯の治療についても、無料で施術を受けることが可能です。

 

欧米は歯並びが綺麗なことが一つのステータス

 

日本人と比較して歯並びが綺麗なことが多い欧米人は、円滑な社会生活を送るためには、歯並びを意識することが一つのステータスとなっています。

 

そのことから、歯並びに対する意識が日本人とは異なり、海外では保険適用されることもあるため、文化的な違いがあることがわかるでしょう。

 

日本と欧米とでは、歯並びについての考え方が違うことから、歯に対しての意識が違うのです

日本橋の歯医者として伝えたいこととは?歯には大切な役割がある!

2019/07/11

患者様の歯を長く持つために、歯磨きなどの指導を長く行っていますが、日本橋の歯医者として、伝えたいことがあります。それは大切な「歯の役割」についてです。

 

今回は、大切な歯の役割について、詳しい内容を紹介していくので、参考にしてみてください。

 

大切な「歯の役割」について

 

普段何気なく利用している歯ですが、人間が生活する上では歯の役割は重要です。具体的には、どのような歯の役割があるのか、詳しい内容を紹介していきます。

 

1.食べ物を噛む

 

大切な歯の役割として、一番に挙げられる内容としては、食べ物をよく噛んで胃腸の消化をサポートするということです。歯がなければ、物を飲み込むことも出来ないので、人間だけでなく動物にとって、歯とは重要な役割があります。

 

またよく噛むことで、唾液の分泌を促し、歯周組織の血の巡りをサポートする働きも担っているので、健康的にも大切な意味があるのです。唾液を分泌させることで、口内に発生する虫歯菌の繁殖も防ぐきっかけにもなります。

 

歯の役割として、食べ物を噛むということは当たり前のように行っていますが、歯が健康な状態ではない場合、噛むという行為も難しくなってしまうでしょう。

 

歯は食事から必要な栄養素を摂取し、健康的な体を作るために重要な働きを持っているので、常に歯を綺麗な状態にしておくことが重要です。

 

2.言葉を発音する

 

発声するためには、唇や舌、声帯だけを活用している訳ではありません。言葉を発音するためには、歯も大切な役割を担っているのです。歯は声帯から届いた一定周期で振動する空気に、音を付けるという役割があります。

 

歯の音を付ける役割により、声帯からの空気振動を「発音」としてアウトプットし、会話を行うことができるのです。

 

歯が抜けてしまったり、歯列が悪い場合には、空気振動が上手く伝わらずに、発音が悪くなってしまうことがあります。そのため、歯は常に健康な状態を維持させ、綺麗な歯並びにしておくことで、滑舌をよくするきっかけとすることができるのです。

 

3.体のバランスを整え力を出す

 

体に力を入れる場合や運動する場合には、奥歯を噛みしめて行動することがあるでしょう。それは、奥歯を噛みしめることで、顔や首周りの筋肉を固定させ、体のバランスを整える役割があります。

 

健康的な歯であるほど、力強く歯を噛みしめる傾向にあるので、普段よりも高いフォーマンスを発揮することができるのです。アスリートの方が、歯のメンテナンスを欠かせないのは、行動と直結して歯が大切な役割を持っているからでしょう。

 

歯が痛い、虫歯がある状態では、力強く噛みしめることができず、パフォーマンスが十分に発揮されなくなるので、歯は行動するために重要な役割があるのです。

 

歯の状態が気になる場合は矯正治療を推奨する

 

歯の役割は、食べ物を噛むということだけでなく、正しく発音したり、噛みしめるという役割があることがわかります。大切な役割がある中、歯に異常が発生している場合は、その役割を全うすることが出来なくなる恐れもあるのです。

 

特に食べ物を噛むことや発音することは、歯並びが悪いと正しく行うことが出来ない可能性があります。歯並びが悪いと、食べ物が詰まりやすくなり、虫歯や歯周病により歯が劣化してしまう恐れがあるでしょう。

 

発音についても、歯に隙間があることで、空気が漏れてしまい、滑舌が悪くなる可能性もあります。歯の状態が気になるという方は、早めに矯正治療を施し、歯の役割を全うさせることを意識していきましょう。

 

歯の役割を理解し大切にする

 

歯の役割は、人が生活する上では大切なことが、今回で伝わった方と思います。しっかり歯の役割を理解しておけば、日頃の手入れも充実したものになるはずなので、意識して実践してみてください。

 

 

日本橋の歯医者として伝えたいこととは?歯には大切な役割がある!

 

 

日本橋の歯医者として、数多くの患者様を診ていますが、歯についてしっかり伝えたいことがあります。それは歯には大切な役割があるということです。具体的な歯の役割について解説していきます。

矯正日記 最近の記事

矯正日記 カテゴリー

矯正日記 アーカイブ

お問い合わせ
  • 矯正メール相談
  • 無料カウンセリング診療予約
  • お問い合わせ
地図
日本橋人形町ジェム矯正歯科 東京都中央区日本橋堀留町2-1-15 2F 03-6661-9870

診療時間11:00~14:00 16:00~21:00 (土日祝は休診日)