TOP > 2019年 > 9月

衛生士うたの矯正日記

矯正歯科なら日本橋人形町ジェム矯正歯科へ

矯正歯科での治療で大切となる保定期間とは?

2019/09/25

保定期間とは、矯正後の後戻りを最小限に防ぐ期間の事。リテーナーという保定装置を使い、長期間かけて後戻りを防ぎます。保定装置を使わないと、矯正前の歯列に戻りやすくなります。

矯正歯科になくてはならない「保定期間」。よく意味がわからない…という人もいるのではないでしょうか?実は、保定期間というのは、きれいになった歯並びをキープさせるために必要不可欠な期間です。この保定期間を適当に過ごしてしまうと、せっかくきれいになった歯並びが、どんどん治療を開始した頃の状態に戻ってしまいます。そうならないためにも、保定期間の意味や治療内容、通院頻度など、よく理解しておくことが大切です。

保定期間って何?

保定期間とは、リテーナーと呼ばれる保定装置を使って、後戻りを最小限に防ぐ期間です。矯正後の歯は、治療前の状態に戻ろうとするので、保定期間を設けて後戻りを防ぐ必要があります。後戻りは誰でも起こることなので、後戻りしたからと言って矯正歯科が悪いわけではありませんし、失敗でもありません。
この後戻りを防ぐ期間を保定期間と呼ぶのです。
保定期間は1年~3年と幅広く、治療期間と同じくらいの期間が必要ともいわれていて、大きく歯を動かして矯正期間が長くかかった場合は、保定期間も長くかかる傾向にあります。時間をかけてきれいにした歯並びが崩れないように、保定期間も大切な治療の一つになります。

保定期間中の治療内容

保定期間は、リテーナーという歯を固定する装置をつけます。形や素材、取り外しができるもの、できないものなど、様々な種類があります。
保定期間中は、矯正後の経過観察や虫歯・歯周病の確認を行います。歯並びを安定させるためにリテーナーを使用しますが、中には後戻りがしやすく固定が難しい人がいます。そういった場合は、保定装置を一生つけることになります。逆に、後戻りがほとんど起こらず固定しやすい歯の性質の人もいます。
このように、歯の性質や矯正内容が違うため、治療内容は人によってバラバラです。

保定期間中に矯正歯科へ通う頻度

保定期間は3~4ヶ月に1回や、数ヶ月に1回など、通う頻度もバラバラです。リテーナーをつけたばかりの時は、短期間に1回のペースで通いますが、保定期間の終わりごろになると、半年に1回などと間隔が開きます。
最終的にリテーナーを使うことがなくなり、通院もしなくてよくなります。

なぜ保定期間中の治療が大切なの?

治療後の歯は、とても動きやすいです。せっかくきれいになった歯並びでも、保定期間を大切に過ごさないと、歯はどんどん矯正前の状態に戻ってしまいます。矯正はお金も時間も、手間もかかります。その一つ一つが無駄にならないように、保定装置を使って保定期間も大事に過ごさなければいけません。
通院頻度も徐々に少なくなり、「もう通わなくても良いか…」と思って、治療をやめてしまう人もいますが、とてももったいないです。
治療後は必ずリテーナーをつけて、後戻りを最小限に防ぎましょう。

リテーナーに異常が起きた時はすぐに受診しよう

ここまで読んで、保定期間がとても大事であることが理解できたと思います。もしあなたが矯正治療が終わり、保定期間を過ごしているなら、今の状態が一生続くように保定期間も大切に過ごしてほしいと思います。
また、リテーナーが外れたというトラブルも起きているようです。その場合、保定期間の予約を入れていなくてもすぐに受診してください。
リテーナーが外れていない場合でも、痛みや器具のゆるみ、歯の異常など、何か感じた時は、医師に相談しましょう。
リテーナーが歯に合っていないと、どんどん矯正前の状態に戻ってしまいます。
最悪の場合、再び矯正治療を始める可能性もあります。
そうならないためにも、保定装置を必ずつけて、保定期間も決められた間隔で通院することを忘れないでください。

矯正歯科で治療すると顔つきが変わるって本当?

2019/09/20

歯科矯正で歯並びが良くなると、自信が持てるようになると言います。こうした気持ちの面での変化ではなく、歯並びが良くなったことで実際に顔つきが変わる人もいるのです。

歯並びが悪くて自信が持てない。こうした理由で歯を出して笑えないという人が実際にいます。歯科矯正をすることによって歯を出して笑えるようになり、印象が凄く変わる人も多いです。それ以外に口や顔がスッキリとすることで小顔になれたりなど、顔つきの変化へと繋がります。

矯正歯科で治療すると顔つきが変わる?

理由は色々とありますが、歯並びが良くなると顔つきや印象が変わるとよく言われます。
また現代では、歯科矯正に外科手術の併用が可能です。骨格的な変化が起こり小顔にもなるので、より顔つきの変化を感じやすいです。
また性格的な面や雰囲気などが明るくなった、と変化を感じることが多いです。これらの理由については後ほど紹介しますが、歯科矯正は顔つきや第一印象が変化しやすい治療であるといえるでしょう。

顔つきの変化が感じられる理由

歯並びにも、出っ歯や八重歯などさまざまなものがあり、歯科矯正を行う理由も人それぞれです。歯並びのタイプによってどのような変化が感じられるのか、まとめてみました。

歯が出ている場合

歯が出ている原因は、骨格性と歯性があります。上顎が大きい、下顎が小さい、歯だけが出ているものがあり、口が閉じにくいことも多いです。出っ歯は笑った時に特に歯が目立ったり、口が閉じにくく歯が見えている状態になることもあります。そのため歯並びの問題でも、特にコンプレックスに感じる人が多いのではないでしょうか。歯科矯正で目立っていた歯が目立たなくなることで、歯が出ているという印象を相手に与えることがなくなります。そのため歯が出ているイメージを強く持っていた人のほうが、口元がスッキリした印象になり、顔つきが変わったように感じるのです。

受け口の場合

受け口は下顎が上顎より前に出すぎた状態を言います。「しゃくれ」とも言われていますね。またサ行の発音が悪くなるため、喋り方にも影響があります。ですから顔つきだけでなく、話し方もスマートになり発音がしやすくなるはずです。顎が前に出ているのといないのとでは、大きく印象が異なります。そのため顔つきの変化も感じやすいのです。

八重歯の場合

八重歯は可愛らしいという印象を持つ人もいますが、歯並びが悪く見える原因にもなるため、八重歯を抜いてしまう人もいます。ですが八重歯は抜かずに矯正で治すことができるのです。また八重歯が上唇に当たるのが嫌だという人もいます。八重歯は無いだけで歯並びが良い印象になるため、当然顔つきもスマートに感じるのです。

歯並びの改善による気持ちの変化も要因と考えられる

歯並びが悪いというコンプレックスがなくなる

歯並びが悪い人は、それがコンプレックスという人も多いと思います。過去にいじめられたり、人に指摘されることにより、歯並びはコンプレックスになりやすいのです。歯科矯正によってそのようなコンプレックスが無くなり、歯を見せても気にならず、笑顔になることも自然と増えます。それによって表情が明るく変化するので、顔つきが変わったという印象に繋がっていくのです。

前向きな性格に

歯並びが悪かった時と比べて、明るく前向きな気持ちになれたという人が多くいます。歯並びが改善することによって、内面も明るい方向へと変化していく傾向にあるのですね。そのため顔つきが明るく変化したと感じやすいのです。また自分に自信がついたことで、もっと綺麗になろう、もっとおしゃれしようと自分磨きにも力が入ります。その結果、顔つきだけでなく全体的に良い方向へと変化していくと考えられます。

迷っているならやるべき!

歯並びはその人の第一印象を決める上で、とても大事なポイントとなります。歯並びが良く、笑った時に綺麗な歯が揃っていると、それだけでイメージアップにも繋がります。歯科矯正をすることによって自分に自信を持てるようになり、見た目だけでなく内面も明るくなれます。ただし歯科矯正は安くはありません。治療方法などは金額と相談しながらになると思いますが、このままずっと歯並びで悩んでいるのではもったいないです。技術が進歩したこの世の中で、歯並びを治すことは可能です。相手に与える第一印象も変わりますし、顔つきも良い方向へ変わっていくはずです

矯正日記 最近の記事

矯正日記 カテゴリー

矯正日記 アーカイブ

お問い合わせ
  • 矯正メール相談
  • 無料カウンセリング診療予約
  • お問い合わせ
地図
日本橋人形町ジェム矯正歯科 東京都中央区日本橋堀留町2-1-15 2F 03-6661-9870

診療時間11:00~14:00 16:00~21:00 (土日祝は休診日)