TOP > 2019年 > 12月

衛生士うたの矯正日記

矯正歯科なら日本橋人形町ジェム矯正歯科へ

子供の歯の矯正にかかる費用の目安について<

2019/12/20

子供の歯の矯正にかかる費用の目安について

子供の歯の矯正治療にかかる費用は、治療する年齢や装置の種類によって変わります。平均的な相場は6~9才では30~40万円、12~14才で40~60万円が基本で、歯の裏側につける装置やマウスピース型を選べばさらに高額に。治療を開始する前に、必要となる金額や安く抑えるためのポイントを知っておくことが大切です。

子供の歯の矯正にかかる費用の相場

子供の歯の矯正にかかる金額は、治療する年齢や治療方法によって変わります。

年齢別の基本的な治療費用

歯の表側にワイヤーの装置を付ける場合、子供が6~9才ごろに行う「第一期治療」では30~40万円、12~14才ごろに行う「第二期治療」では40~60万円が相場です。

第一期と第二期の両方の治療が必要な場合は、合計した金額が必要ですが、第一期だけで治療が終わることもあります。

セラミックの装置を使う場合

歯の表側にセラミックでできた装置をつける場合、銀色のワイヤー装置を使うときより高くなります。

ですが2万円程度のわずかな差ですので、金額を抑えながら目立ちにくい装置を使いたいという方におすすめです。

歯の裏側に装置をつける場合

歯の裏側に装置をつける場合は、第二期治療が30~50万円ほど高くなります。

歯科医院によって治療費は変わるので、表側にワイヤーの装置をつけるときと比べて、100万円ほど高くなることもあります。

マウスピース型の装置を使う場合

マウスピース型の装置を使う場合は、第二期治療が5~45万円ほど高くなります。

マウスピースの装置を使った治療では、歯並びの悪さが軽度であるほうが費用が安くなるので、ワイヤーを使った治療とほとんど変わらない金額で矯正ができることもあります。

治療中にかかる諸費用について

治療をしている間にかかる金額には、調整料、ワイヤー交換費のほかに、トレーニング器具や歯ブラシなどのケア用品もあります。

調整は月に1回行われますが、調整料として5千円~1万円程度が相場です。

ワイヤー交換は4~6週間おきに行われ、3~5千円が必要となります。

その他、トレーニング器具に5~9千円、歯ブラシなどケアに必要なもので数百円がかかります。

治療後にもかかる費用とは

矯正治療が終わった後は、歯を固定するための装置とメンテナンスのための費用が必要です。

固定のための装置は5千円~1万円程度、メンテナンスは3千円~1万円が相場となります。

メンテンナンスは1回きりのものではないので、メンテナンスの費用と頻度についても事前に確認しましょう。

子供の歯の矯正にかかる費用を抑えるポイント

子供の歯の矯正にかかる費用を抑えるためには、次のようなポイントに気をつけてください。

表側につける装置を選ぶ

歯の表側につける装置を選べば、治療にかかる金額は最も安くなります。

治療にかかる金額は、使う装置によって大きく変わり、裏側につける装置やマウスピース型だと高額になるからです。

総費用が低い歯科医院を選ぶ

調整料やワイヤー交換費が治療費に含まれていれば、治療にかかる総額を安くすることができます。

治療にかかる費用は歯科医院によって違うので、受診する前に料金システムを確認しておくと良いでしょう。

保険の適用を確認する

子供の歯の矯正治療では保険が適用される場合もあります。

特定の病気による噛み合わせの悪い場合や、あごの手術が必要となる場合、前歯の永久歯が生えてこない場合などが対象。

ただし矯正治療に保険を適用させられるのは、「自立支援医療指定医療機関」で治療を受けたときだけです。

子供の歯の矯正をするなら費用を把握して

子供の歯の矯正治療を始める前には、しっかりと費用について把握しておくようにしてください。

治療費だけでなく、治療中に発生する諸費用や治療後のメンテナンス費など、総額を確認しておくことは欠かせません。

治療費を安く抑えるためのコツは、歯の表側につける装置を選ぶことと、治療にかかる総額が安い医院を選ぶこと、そして保険が適用されるかどうかを判断することです。

保険が適用される可能性があるなら、「自立支援医療指定医療機関」で治療を始めましょう。

矯正歯科で治療中にクリーニングを行う理由とメリット

2019/12/16

矯正歯科治療中は、虫歯や歯周病にかかるリスクを軽減させるためにクリーニングを行うことがあります。

リード文
矯正治療中は虫歯になりやすいため、歯磨きや矯正治療中のクリーニングでのケアがとても重要です。特に忙しくてゆっくり歯磨きをする時間が取れない人は、定期的にクリーニングを受けると良いでしょう。
では実際にどの位の頻度でクリーニングをすると良いのでしょうか。

矯正歯科でクリーニングをする理由とメリット

歯磨きをする時間が取れない人や口臭が気になる人は特にオススメです。セフルケアでは限界がありますし、矯正治療中も綺麗な歯を保つという意味でもメリットは沢山あります。中学生や高校生もしっかり歯ブラシをすることで、矯正の治療期間が短縮につながります。

クリーニングをする理由

マウスピース矯正を除き、一般的に矯正装置は取り外しができません。ワイヤーを用いて行うブラケット矯正や歯の裏側に装置をつける裏側矯正などは外せません。こういった取り外しができない矯正装置の周りには、どうしても食べかすが残りやすくなってしまいます。ブラッシングだけでは取り除けないものもあるため、虫歯や歯周病にかかるリスクが高くなってしまいます。
ほとんどの歯医者さんでブラッシング指導は受けられますが、自分で行うケアには限界があります。そこで定期的に歯医者さんでクリーニングをすることで、虫歯や歯周病にかかるリスクを軽減させることができるのです。

メリット

まずは何と言っても虫歯や歯周病の予防ができます。クリーニングを行う際は装置を取り外すため、普段のケアでは行き届かない所まで綺麗にしてもらうことができます。また矯正治療中は、ホワイトニングができないことがほとんどです。
ですがクリーニングによって着色汚れまで落とすことができるため色素沈着を防ぎ、矯正治療が終了する頃に黄ばんだ歯になってしまうことがありません。そしてクリーニングの際にフッ素塗布をしてもらうことで歯の質を強くできます。全ての歯科医で行っているわけではありませんが、フッ素塗布をすることで上記のような効果が期待できるのです。

歯の矯正中のメンテナンス

一般的に矯正歯科医院で行うメンテナンスやクリーニングの頻度は3〜6ヶ月毎になります。歯の移動が終了してから、その位置に歯を安定させる期間が必要です。綺麗になった歯並びを保つためにも、定期的なメンテナンスは欠かせません。

歯石除去や歯のクリーニング

ほとんどの歯科医院で歯磨き指導を行っていますが、セルフケアでは限界があります。セルフケアでは取れなかった歯石などは虫歯の原因にも繋がります。そのため矯正治療後の歯を虫歯から守るためにも歯石除去をします。また綺麗な歯を維持するためにクリーニングも定期的に行ったほうが良いです。

リテーナーの調整

移動した後の歯が戻るのを防ぐために、リテーナーと呼ばれる保定装置を使用して歯をおさえます。装置を外した直後は特に歯が元に戻りやすいため、しっかりリテーナーで固定し、歯の状態に合わせて、リテーナーを定期的に調整します。

歯の矯正中のセルフケア(歯磨き)について

普段からセルフケアは大切ですが、歯の矯正中は特にセルフケアを念入りにする必要があります。そこでセルフケアをする上で、どのような点に気をつけると良いのかいくつか挙げてみました。

歯ブラシは柔らかいものを選ぶ

矯正装置に歯ブラシが引っかかって磨きにくいという人には、毛先が柔らかい歯ブラシがオススメです。毛先が柔らかいほど歯ブラシの毛が引っかかりにくいため磨きやすくなります。
また小さいヘッドの歯ブラシを選ぶのも良いです。小回りが効くので磨きやすくなります。

矯正用の歯ブラシを使用する

ワンタフトブラシと呼ばれる矯正用の歯ブラシは、ブラシが柔らかくてヘッドが小さいのが特徴です。矯正装置の周りなどは特に食べかすなどが残りやすいため、この歯ブラシを用いて丁寧にブラッシングします。

歯間ブラシで歯垢を取り除く

ブラッシングだけでは取り除けなかった歯垢を、歯間ブラシを使って取りましょう。少しずつ取り除いていくため時間はかかります。ですが歯垢は虫歯や歯周病、口臭の原因にも繋がるため、鏡を見ながらしっかり取り除く必要があります。

洗口液を使用する

ブラッシングで歯垢を取り除いてから、仕上げに洗口液を使用すると良いでしょう。虫歯や歯周病の予防にも繋がります。

クリーニングやセルフケアで清潔な口内環境を保とう

矯正治療中は特に口内トラブルが起きやすいため、普段以上に気をつける必要があります。定期的に医院で診てもらうのはもちろんのこと、自分でもできる方法を見つけると良いでしょう。矯正治療が終了した時に歯もピカピカだと尚嬉しいですよね。治療が終わるその日の自分のためにも、セルフケアを頑張りましょう。

矯正日記 最近の記事

矯正日記 カテゴリー

矯正日記 アーカイブ

お問い合わせ
  • 矯正メール相談
  • 無料カウンセリング診療予約
  • お問い合わせ
地図
日本橋人形町ジェム矯正歯科 東京都中央区日本橋堀留町2-1-15 2F 03-6661-9870

診療時間11:00~14:00 16:00~21:00 (土日祝は休診日)